ブラウニーホーミィ・ホームページよりお知らせ2018  
201909

カタログ

現在、アジアで初開催の「ラグビーワールドカップ日本大会」 で日本列島が揺れております ww
サッカーと並んでイギリス連邦発祥のラグビーは、サッカーとは異なり、国家代表選手は国籍にとらわれることなくその国で3年間ラグビーを続ければ代表選手に選ばれることができます。
正に現代に相応しいインクルージョンスポーツの代表格です。

天候に左右されずにゲームは行われますが、災害大国・日本での開催ですので観客の安全を考慮し、台風や荒天時にはゲームは中止で順延もなく引き分けだそうです。

ブラウニーでは、ゲームはできても自宅に台風が押し寄せても安心して観戦できるように「安心・頑丈・備え」がしっかりした多目的地下室【+S】プラスエスをこしらえました。

2年ぶりに発行した「ガーデンコンシェルジュブック St.7 』に掲載しております。是非ご覧くださいませ〜!!
http://www.hp.nihon-kogyo.co.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=frm_catalog_5

201909

カタログ

ブラウニーは今2年ぶりに「ガーデンコンシェルジュブック」 改訂の準備中です。

コンセプトである “お庭での安らぎと潤いある生活をご案内します” を具現化するオリジナルアイテムもたくさんこしらえて、皆様へご案内できることを楽しみに制作に励んでおります。

今回はその中から新製品の「モバイルファニチュア」をご紹介いたします。
スクエアな3フォルムのボディは本体から座面が少し浮き上がっておりずっしりしたコンクリートの塊から軽快感を演出しております。
座面は彩度を抑えた3カラ―でシックにまとめ、ボディの下にはストッパー付のキャスターが設置されお好みの場所に移動できます。

スツール・ベンチ・テーブル使いと用途に合わせてご利用だけます。
ブラウニー一押しのモダンなアウトドアファニチュアです!!

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

さぬき地方は梅雨明けしたとたんに蒸し暑さが増しており連日強烈な猛暑に亜熱帯の様です。
皆様もくれぐれも水分補給をこまめに取りご自愛ください。

朝からクマゼミが勢いよく鳴いており、夏真っ盛りですが、庭先の茶碗蓮が、毎朝涼風を届けてくれます。
蓮は早朝から咲き始め暑くなる昼ごろには閉じてしまいます。開花してから3日目には散ってしまいますので早起きして楽しみたいところです。

あまりの高温にバスのシャワーも温水にしなくても充分ですが 屋外にシャワーがあれば爽快です。さらに海が見えるところに何ぞあれば 〜〜 パラダイス 〜〜

今年はブラウニーのガーデンシャワーに新色がラインナップ追加されました。極楽をご家庭でも味わえます!!

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

さぬき地方はようやく梅雨入りして、蒸し暑さが増しております。
記録が残るもっとも遅い梅雨入りで、もう梅雨明けも間もないのではと思われますww

透水性舗装は様々なシーンで活躍しておりますが、お子様や市民の憩いの場所である公園にも舗装されていると便利です。
土のままですと水溜りもできて、歩くのも大変です。

こちらは「Design & Photo Competition 2018」景観&土木製品最優秀賞受賞作品です! 
審査委員長の城戸 真亜子さんの好評も素敵です。

三方から流れる川が合流して渦巻きをなしているのか、あるいは宇宙銀河系の天体図なのか、宇宙人の楽譜なのか・・
スケール感のあるデザインが素敵です。
ここに佇むと人間も一つのオブジェのように見えますね。
自然を模倣した公園もいいけれど、思い切ってこんなアーティスティックなコンセプトで造られた公園もいいものだと思わせてくれます。

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

さぬき地方も5月は暑かったです!
真夏日は4日連続、それに続き夏日も19日間もあり、ここ数年で最も五月晴れに恵まれました。

そのお陰で各地の野菜が予想以上のスピードで大きくなり数も採れ、消費者には嬉しいのですが、価格が安くなり、それはそれで大変なようです。
キッチンガーデンに眼をやりますと、こちらの野菜たちも同様にスクスクと育ち、キュウリは早2mを越え毎日朝採りで食卓に上り、ミニトマトも赤く色づき始めました。

我が家のキッチンガーデンは愛おしいものですので、収穫のみならず、ゆっくりと腰掛けてじっくりと眺めてみたいものです。そんな時に洒落た薄めのコンクリート製ベンチはいかがでしょうか!?

こちらは「Design & Photo Competition 2018」景観&土木製品
優秀賞受賞作品です! カッコいいです!!

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

いよいよ新元号 “令和” の始まりです。

ブラウニーは平成生まれですので初めての改元ですが、天皇崩御によらない皇位の継承で令和になったことやゴールデンウィーク中であったことも含めて、日本中がお祝いムードに溢れていた10連休でした。

さぬき地方は今、田植えの真っ最中でして、青空にツバメやヒバリが飛び回り、田んぼにはカモやサギがやってきて、牧歌的な風情を醸し出しております。
お庭では、クレマチスやねむの木に花がつき早、睡蓮も咲き始めました。
この後、時計草にオールドローズや芍薬、百合と次々に咲き誇り、薫風に酔いしれる季節でもあります。
玄関に向かうアプローチにもお花やグリーンを植えて、お客様を気持ちよくお迎えしたいところです。

こちらは「Design & Photo Competition 2018」ガーデン&エクステリア製品 最優秀賞受賞作品です! 素敵ですね〜。。。

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

平成最後の月となり、いよいよ本日11:30に新元号が公表されます。
今回も発表者は官房長官となり、菅官房長官は、小渕恵三・元首相のように今後次の元号発表まで幾度となくメディアにご登場いただくことになるのでしょう!

4月1日・エイプリルフールですので欧米でしたら何かありそうですが、生真面目な日本ではどうでしょうか ww

季節もよくなり長いゴールデンウィークを迎えるころには新緑の下でのガーデンパーティで新元号と新天皇誕生をお祝いしたいところです。

そんな時の主役はガーデンシンクですが、ブラウニーではプレタポルテ(既製品)だけでなく、オートクチュール(注文品)にもお使いいただけるオプションアイテムを豊富に揃えて、皆様方の潤いあるガーデンライフのお手伝いをさせていただいております。

こちらのセットは「Design & Photo Competition 2018」優秀賞受賞作品です! フレンチシックですね〜。。。

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

NIKKO Design & Photo Competition 2018 

今回は初めて・・・
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のひとつであるインスタグラム投稿限定で製品使用規定のないフォトグラフ部門 “ 腰掛けのある風景 ” の作品を募ったところ、イギリス、スペイン、ポルトガル、フランス、イタリア、 ドイツ、USAなど、国内外の一般・学生・アーティスト・ プロカメラマンも含め幅広い層からたくさんの素適な作品をご応募いただきました。
世の中の腰掛けのある風景が勢ぞろいした投稿は見物です。

そのインスタグラムからは全入賞11作品中、グランプリも含め4作品が入賞いたしました。

素敵な入賞作品を発表させていただいております。
http://www.nihon-kogyo.co.jp/2018photocon01_02.html

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

さぬき地方の寒は比較的暖かく過ごしやすい日々が続いております。田んぼでは既に耕運機が動き回り、畦道にはスイセンが咲き始め春の足音が聞こえてまいりました。

例年、この時期ですと薔薇も新芽が芽吹くころですが、暖冬のお蔭で蕾から開花し、朝は凍りつきながらも日中は美しく咲き、冬枯れしたセピア色の庭先に彩を加えてくれています。

夏に比べまして、空気も澄んでおりますので気温が上がる昼下がりや、星のキラメキが一段違う長い夜などハンモックに揺られながらボーツと天空を眺めてみるのはいかがでしょうか!?

そんな時のおともに、エイジングされた木の質感にこだわった自然素材風コンクリート製品「コンスティック ラフウッド」のハンモックベンチ。

ASOBIBASEからのお届けです!

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

さぬきの新春は寒風も吹かず穏やかな陽気となりました。
しかしながら、熊本地方にはまたしても大きな地震があり、

     被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

2018年は度重なる大きな災害が日本中に襲いかかりましたが、2019年も四国はさぬきより皆様方の安全で心豊かに過ごされる日々を祈念せずにはおられません。

新年恒例の “東京箱根往復大学駅伝競走” !!
新しい時代の幕開けを示唆するかのように、東海大学が初優勝を飾りました。選手の進化やコンディションの良さもあり、攻めの走りで新記録が続出し大いに盛上がりました。

これからインフルエンザも流行の兆しがありますので、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。
ホースリールが常時接続でき、手洗いに便利な「コンパクトシンク リベルタU」家に入る前の除菌にもいかがですか !?

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

今年はあたたかくて過ごしやすい讃岐地方です。
12月に入りましても予想では10月下旬並みの気温で推移するとのことで、朝晩は多少冷え込みますが、日中部屋の中では太陽光だけで、 薄着で過ごせて快適です。

春に植えた30cm程度の「パパイヤ」も元気よく育ち、既に2m50cmにまで巨大化し、秋からは毎日白く可憐な花を咲かせて、実も付けており、この先冬に向いどうなるのか?!興味が尽きませんww

お庭が植物で覆われておりましても、天気が悪い時には動線に飛石などがありますと、履物や衣類も汚れずに重宝します。
ガーデニングを楽しまれているお宅にはエイジングされた木の質感にこだわった自然素材風コンクリート製品「コンブレッド ラフウッド」 がお勧めです。
同じテクスチュアでシリーズ展開しておりますASOBIBASEからのお届けです!

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

昨年同様10月は本当に雨が多くて、讃岐地方でも野菜が高騰して毎日の食卓を彩るには苦労が絶えない毎日でした。

あれほど暑かった夏もすぎると、すっかり忘れて日が暮れるのが早くなる晩秋には早、来年の夏の到来が待ち遠しくなる毎日です。
しかし・・・2年後にせまった東京オリンピック&パラリンピックの開催時期を考えますと・・・さらにマラソンのスタート時間繰り上げ案なども出て課題満載です。

今年はそんな・・お住まいの街で遮熱(暑さ)対策ができる製品のアイディアをデザイン部門のテーマに設けまして〜
『NIKKO Design & Photo Competition 2018』を開催いたします。

グランプリは・・・
エバーグリーンの輝き! 心に染み込むヒストリックな宿日本を代表する旅館・ホテル ペア宿泊券を贈呈いたします。

応募者全員に審査委員長でもある洋画家の城戸真亜子さんの絵画を装丁にあしらったツインループのオリジナルノートをプレゼントさせていただきます。

皆さまからのたくさんのご応募!お待ちいたしております。
詳細はホームページをご覧ください。
_http://www.nihon-kogyo.co.jp/2018photocon01_01.html

日本興業デザインコンペティション2017

カタログ

今年は台風も含めて雨が多い讃岐地方です。
月影がしっかり出来るほど明るい中秋の名月も今年は、残念ながら雲の合間から時折わずかな光を放つだけにおわり物寂しい限りです。

都会にいますと街中灯りでいっぱいで、目の前に白い渦巻き!?ができるほどの暗黒の世界はめったにありませんが、ブラウニーの本拠地があるさぬき市は道路の信号や街灯も少なく ww 高いビルもなく、山と瀬戸内海に囲まれておりますので、ふと夜空を見上げると手が届くような星のきらめきにときめきます。

東京や大阪から撮影スタッフがやってきて、一日の撮影が終わって露天風呂から眺める星空は体が浄化されるようだと申しております。
夜空を露天風呂から眺められなくてもお庭にチョイ掛けのベンチなんぞがありますと、時を忘れて吸い込まれるように天空を見入ること間違いなしです。

エイジングされた木の質感にこだわった自然素材風コンクリート製品「コンスティック ラフウッド」ASOBIBASEからのお届けです!